電話占いにはどのような種類があるのか

電話占いを利用したいけどどんな種類があってどの占い師に頼めばいいのかわからない…そんな方へ電話占いについて詳しく説明します。 - 電話占いにはどのような種類があるのか

電話占いにはどのような種類があるのか

「電話占いの種類を知りたい。」、「電話だけだし結果や説明がわかりやすい占いはどれだろう?」という方もいます。

電話占いは声だけで鑑定することになります。
実際に会わないので顔も見ないし、占い結果が見えるわけではない。
30種類の中から信ぴょう性があり、理解しやすい電話占いを厳選して3つご紹介します。
当たる電話占い師の見極め方とは

生まれた年で占う「九星気学」

九星気学は生まれた年から性格や運命を占っていきます。中国の五行や方位学を使っていますが、日本発祥の占いです。そのため、生まれた年も西暦ではなく、昭和や平成など「和暦」から始まります。

一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白水星、七赤金星、八白土星、九紫火星、で9つに分かれます。
「昭和56年、一白水星」「平成5年、七赤金星」など生まれた年で変わるのです。

星にひとつずつついている「水土木金火」は五行という東洋思想です。
「万物は木・水・土・金・水のご元素から成る」といわれ、五行=五元素=5つの働きという意味になります。

このように、九星気学には九星や五行、干支、配色、方位など様々なものを掛け合わせて占っているものです。
ひとつひとつインターネットで調べながら自分で占うこともできますが、中国から伝わる東洋思想から理解するのは難しいです。

運勢や性格、相性、方角がわかる「九星気学」。
結果を間違えて凶方位に向かったり、アンラッキーアイテムなどを身に付けてしまっては取返しがつかなくなるかもしれません。
専門家である占い師にお願いした方が、早くて確実に占い結果がわかります。
名前などが知られるわけではないし、自分の生まれた年なら誰でもわかる。鑑定結果をインターネットで検索してサイトで思い出すこともできるので一番手軽でな占いです。

生年月日で占う「聖数命理学」

聖数命理学は生年月日の数字を使って運命や運勢を占います。
数理学や運命学ともいわれ、誕生日を4ケタの数字に置き換える方法です。
生年月日を4ケタに変換する方法は特殊で聖数命理学の占い師にしかわからないもの。

氏名や住所など個人情報が知られることもないですし、生年月日なら必ず覚えている数字。
1年に一度の誕生日を簡単に見つけ出せない特別数字に変えて密かに持ち歩いてみませんか?
あなたにも隠れた運命が待っています。

恋人と1日違いの誕生日、生年月日の月は違うけど日付だけ同じなど、誰でも持っているたった1日だけの特別な日が好きな方とお揃いなど何か近しいものだと嬉しくなります。「これは運命かも!」と思ったら恋人との相性や恋愛運を聞いてみるのも良好です。

生まれた年だけでは365日で幅が広い。何月何日まで絞って占ってほしい方にオススメの電話占いです。

名前の漢字だけでわかる「姓名判断」

姓名判断は漢字で書いた名前の画数で占います。
名字と名前、氏名すべての画数合計からみる「総画」
名字の画数からみる「天格」、名前の画数からみる「地格」
名字の最後一文字と名前の最初一文字を合わせた「人格」
名字の最初一文字と名前の最後一文字を合わせた「外格」
の5種類があります。
外格は名前の最後一文字を二文字にして、名字と合わせて三文字で占うこともできます。

「好きな人ができたから相性を知りたい。」「友達になりたい人がいるけど、どう近づいたらいいのか教えてほしい。」など名前の漢字さえわかれば占えます。
生年月日を必要としないので、異性に好意を持ったり、ちょっと気になりだしたら占ってみたら運命的な鑑定結果が待っているかもしれません。
名字しかわからない、名前だけ知っているなど、限られた情報だけでも占うことができるので、恋愛関係を調べる時にぴったりです。

同じ読み方でも漢字を変えたり、漢字とひらがなで名前の表記を迷ったら姓名判断でステキな運命を引き寄せることもできます。
候補の漢字がいくつもあって検討中の時や、ニックネームを決める時にも運気の上昇する漢字を選ぶことができるので、事前事後を選ばない占いです。

電話占いは24時間体制で受け付けているサイトや、10分間無料や1,000円分無料などお試し価格で占えるサイトがあります。
顔が見られることがないので、恥ずかしいこともありません。

また、今回は生まれた年や、生年月日、名前の漢字などで占えるものをご紹介しましたので、電話占いの声だけでは心配という方も気軽にできるものばかりです。
少ない情報でも相性や運勢がわかるので、恋愛占いをお探しの方におすすめです。

【復縁占い体験談】10年ぶりの同窓会で復縁

高校生の頃付き合っていた彼女がいました。そのご、大学に入る前に別れ、そのまま会うこともなく月日が流れ、25歳になったとき同窓会がありました。すでに地元を離れて東京で働いていたのですが、仲良しにも久しぶりに会えると言うことで出席することにしました。
10年近くも会っていない人が多く、誰が誰かわからなかったのですが、彼女だけはすぐにわかりました。昔と変わらず可愛く、自分のタイプのまま大人になっていました。そんな彼女に「久しぶり。元気だった?」と声をかけ、どう接して良いやらの彼女と話しました。実はその同窓会の前に僕は電話占いを試しました。そしたらその占い師に、久しぶりにある人との出会いがあるでしょう、と言われていました。
あの頃、別れてすぐ彼女が復縁を望んでいたこと、そして、俺がそれを断っていたこと、そんな昔話をしていると「いま、彼女とか奥さんは?」と言われました。「いないよ。もう1年くらいかな。君は?」「あたしも。今は都内で働いているし。」「え!一緒じゃん!」こんな話をして、その日は一緒に都内に戻ることになりました。
途中で家も近いことがわかったので、それから飲み出して、その日はうちに泊まりました。セックスも大人になっていた彼女に少し落胆はしましたが、それから何回か御飯にいき、「やり直そうか。10年ぶりに。」といって、彼女も同意してくれてまた付き合うことになりました。10年ぶりの復縁ですが、あまりにも時間が経ちすぎているので、非常に新鮮な気持ちで付き合っています。

Copyright(C)2016 電話占いにはどのような種類があるのか All Rights Reserved.